待遇が素晴らしい!医師転職

医師の転職では診療科目の変更が同時に出来る

医師の世界は資格者のみがなれるという成約から、比較的狭い世界と言われています。実際に転職に成功している人と、残念ながら失敗してしまう人の間では、診療科目に制約を設けるかどうかで変わってしまいます。
医師が転職を志す際には、何らかの理由が存在するでしょう。報酬面で納得が行かないケースもあれば、医局員が幅を利かせすぎて居心地が悪いなどの事情により、転職を決意します。中でも診療科目により収入差が激しくなっていることは、医学部に在籍している時には分からなかったことでしょう。小児科医の収入は採血量が少ないために低い傾向にあり、内科医へ診療科目を切り替えれば転職時に大幅な報酬アップが期待出来ます。転職事情に詳しい人のアドバイス1つで大きく収入を伸ばせるのが医師の特徴です。

医局から離れた転職をする際にはコツがあります

医局員として勤務している間は、医局長の教授による指示で病院を移動しながら昇進して行きます。しかし、医局から離れて転職をすれば更に収入を伸ばせることを知らない医師も少なくありません。医局に在籍している間は、系列の病院しか働けないので腕を見込んだ移動では無い点が残念です。
医師が医局を離れて転職をするさいには、医師專門の転職エージェントを利用する方法があります。全国の医局情報を網羅している転職エージェントならば、希望の条件を上回る報酬アップ交渉をしてもらうことも出来るわけです。自分で交渉するわけではないので、気兼ねなく条件面を提示出来る点で普段の診療業務を続けながら転職先の病院を探せるメリットがあります。最終的な判断は自分で行なえば良いので、転職エージェントを利用した医師の転職で報酬を一気に上げることも良い経験になるでしょう。