好きな病院から選ぶ!医師の転職

医師が転職するということ

医師が転職をすることで収入が上がったり症例数が上がったりと良いことが多いですが、失敗しないためにも正確な情報を集めて転職を成功させることが重要です。医師転職用の支援会社であったり転職サイトを使って経歴書の書き方から面接対策まで行うことができます。しかも、それらのサービスを利用するのに料金は一切かからないです。
転職支援会社に登録することでウェブ上には公開されていない求人情報を知ることができます。病院の内部事情をある程度は転職コンサルタントが知っているので、支援会社に面接に行ったりそこに電話することでどういった人材が活躍しているのかとか、給与水準などに関することを教えてもらえます。支援会社を利用することで労働条件に関する交渉もしてもらえます。

転職コンサルタントとは連絡を取り合った方が無難です

退局手続きをする際にも慎重さが求められます。揉めないためにも助言をコンサルタントに求めた方が良いです。転職コンサルタントはこれまでの事例などをベースに、どうしたら円滑に退局できるかを第三者の視点で教えてくれるのでその助言に従った方が無難です。初めて転職して他の病院に移る場合は、特に助言に従って行動した方が良いです。
退局の意思を告げたら上司などから引き留めにあうことが多くありますが、そういったときにはどのような主張をしたらよいのかも転職コンサルタントが教えてくれます。
因みに転職先の病院で面接を受ける際に、転職する理由は自己都合にしておいた方が無難です。こういった不満があるので転職したいと不満を長く述べるのは止めておいた方が良いです。